2007年05月01日

ポクポン(POK-PONG)ってな〜に?

『ポクポン(POK-PONG)』とはタイ語で厄除け、お守りの意味です。タイには昔から伝わる『ブードゥドール』と呼ばれる人形がありました。毛糸をぐるぐると巻いて作られた人形です。『ブードゥドール』はもともとはブードゥの呪術に用いる人形なんだそうです。えぇ、日本のわら人形に相当するものですね。

ポクポンはそのブードゥドールを現代的にアレンジしたものです。ひとつひとつ手作りで、素朴でユーモラスな表情がポクポンが愛される理由でしょう。

タイでお守りとして自分自身や愛する家族や子供のために、手作りされる伝統のアイテムです。肌身はなさずに身につけていると、持ち主の代わりに災厄を引き受けてくれるといいます。

日本では2006年頃から女子高生を中心にクチコミで流行し始めました。携帯ストラップやキーホルダーとして用いられているようです。その種類は300種類を越え、それぞれが違う願いを叶えてくれるとされています。ポクポンが壊れた時は、厄を食べてくれた証(あかし)とされており、部屋の大切なところにしまうと良いとされています。

このようにポクポンは単なる愛らしい人形ではなく、本来、一体一体にまじないがかけられたスピリチュアルな人形なのです。

ただ、最近になって中国製のものがかなり出回っているようです。単なるマスコットと考える方はこれでもいいのでしょうが、ポクポンの由来を考えると、中国製はやはりただのコピー商品であって、スピリチュアルな世界まで写し取ってくれてはいないと考えるべきでしょう。

もっとディープなブードゥ教などのスピリチュアルな世界の話題は、このあと続けていきます。ご期待くださいね。


posted by きりん at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ポクポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。